結局おいくら万円かかるの?結婚式にかかる費用の相場と内訳

結婚資金を計算

スポンサーリンク

ブライダル低価格化の流れも、300万円~が結婚式の相場

最近は格安な結婚式を提供するサービスも登場し、ブライダル業界も少しづつ低価格化の流れが見えていますが、まだ一般的な結婚式費用の平均は300~350万円(列席者70~80名)というのが相場です。

式以外にも「結婚」にはいろんな費用が

プロポーズに必要な「結婚指輪」、結婚が決まれば新郎から新婦側へ贈る「結納金」さらに、ハネムーン・新居の準備そして新婚生活そのものなど「結婚式後」にも相応の出費があるので、少しでも節約できるところは節約したいものです

節約するポイントを間違うと晴れ舞台が台無しに

ムダな出費はなるべく抑えたいものの闇雲に費用を削ってしまうと、料理の質が下がったり、会場がチープに見えてしまったりと、大切な時間を使ってまで列席してくれるゲストの皆さまに十分な「おもてなし」ができないばかりか、最高の晴れ舞台に一生の後悔を残してしまいます。

ポイントは「何に」対して「いくら」払うか

ホテルや式場のプランナーさんは、最高の結婚式になるよう一生懸命いろんな提案・アドバイスをくれますが、やはりすべてを望むと見積り費用もどんどん上がります。その中で、本当に必要なものと代わりがきくもの、そしてその対価をよく考えて費用を検討してみましょう。

一般的な結婚式費用の内訳

一般的なホテルでの結婚式・披露宴の費用が下記のような内訳になります。 ※ゲスト80名の場合 ※御車代・宿泊費等は含まず
名目単価数量小計名目単価数量小計
料理・飲み物16,000801,280,000招待状5006030,000
ウエディングケーキ1,0008080,000席次表7008056,000
会場使用料1,0008080,000席札・メニュー7008056,000
控室料15,000230,000芳名帳5,000210,000
挙式料200,0001200,000司会・音響100,0001100,000
会場装花100,0001100,000演出150,0001150,000
衣裳500,0001500,000引出物5,00060300,000
エステ100,0001100,000写真撮影100,0001100,000
ブーケ30,000130,000ビデオ撮影160,0001160,000
サービス料150,0001150,000
合計3,512,000

どこを節約するか?

ゲストが一番評価するのは、やはり「料理」ですのでここは十分な予算をとりましょう。 「引き出物」も最近は「選べるカタログ」タイプが多いせいで、調べられるとどれぐらいのランク(価格帯)かすぐにわかってしまいます。 節約するとすれば、「演出」のプロフィールビデオを自作したり、「衣装」を持ち込む、「ビデオ撮影」や「司会」を友人に依頼するといった方法が王道になります。

ホテル・式場の「持ち込み料」に注意~節約は式場選びから

節約のために、ドレスやタキシード・手作りアイテムを持ち込んだり、写真撮影など外部の業者サービスを利用するとホテル・式場側から別途「持ち込み料」を請求されるケースが多々あります。ホテルの契約業者を優遇するための悪習ともいうべき慣習です。最近では「持ち込み料なし」の良心的な式場も増えていますので、節約する際はそういった点も含めて「式場選び」をするのが賢い方法です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク