500円でステキな演出!話題のゼクシィ付録『花嫁専用自撮り棒』

ゼクシィ付録「花嫁専用自撮り棒」

花嫁の結婚準備バイブル「ぜクシィ」
の特別付録が斬新すぎる!とまたまた話題。今回はいま流行りの「自撮り棒」を花嫁専用にかわいくアレンジ♪
500円で買える簡単!お手軽!格安!な結婚式演出アイテムは見逃せませんよ♪

スポンサーリンク

いつも斬新な切り口が話題のゼクシィ付録

最近のゼクシィ特別付録といえば、本当に届け出できる「ピンクの婚姻届」をはじめ、ベルばらすぎる「花嫁専用ゴム手袋」 乙女すぎる「ドライバーセット」など斬新な攻めのアイテムがネットでも話題!
結婚の予定はないけど特典付録がほしいから買っちゃったというユーザーも。

ピンクの婚姻届


ベルばらすぎる「花嫁専用ゴム手袋」


乙女すぎるドライバーセット


今月号の特別付録はシアワセすぎる「花嫁専用自撮り棒」

ぜクシィ特別付録『花嫁専用自撮り棒』出典:http://zexy.net

いま人気のスマホ用自撮りアイテム「セルカ棒」を花嫁専用にかわいくデコった特別付録。
長さ48cmで、シ(4)アワ(8)セすぎるゴロ合わせな自撮り棒は、かんたんな組み立て式。
ハートがいっぱいのかわいいデザインは、まさに結婚式・花嫁のための専用アイテム♡

「花嫁専用 自撮り棒」紹介動画も攻めてます

ぜクシィ編集部のスタッフが特製自撮り棒の使い方とその魅力をオリジナルソングにのせて伝えます。

結婚式に花嫁がスマホを持ち込めるの?

結婚式・披露宴にウエディングドレスでスマホを持ち込めるの?と思っちゃいますが、最近のウエディングドレスにはポケットがついてるものもあり、いまどきの花嫁さんだとスマホを持ち込んでお祝いメールやLINEのチェックはもちろん、リアルタイムで式の様子をSNSに投稿してみんなでシェアって人も。

ポケット付きドレス
出典:http://blogs.the-wedding.jp
話題のポケット付きウエディングドレス

結婚式で花嫁が自撮りするの?

ぜクシィ特別付録『花嫁専用自撮り棒』
出典:http://zexy.net

新郎新婦入場シーンやケーキ入刀・花嫁の手紙など「主役」を演じる場面では自撮りなんてもちろんできませんが、高砂で友人たちと記念撮影なんかのときには自分のスマホでも写真や動画で撮っておきたくなるものです。

式場のカメラマンも歓談中は、各テーブルをまわってゲストを撮影することが多いので、高砂のやりとりを全部撮影はむずかしいですし、友達が撮った写真や動画はなかなか送ってもらえなかったり、撮れていない場合もありますからやっぱり自分で撮っておくのが安心。

控室で新郎新婦ふたりっきりの撮影にも

結婚式の舞台裏も新郎新婦にとってはすべてが大切な思い出。カメラマンが入れない場所では自撮り棒でふたりだけのショットを撮っておくのもいいですよね。


おすすめはゲスト用に各テーブルに準備!

せっかく自撮り棒を用意するなら自分(花嫁)だけじゃなくて、ゲストの各テーブルにも1本づつ準備しておくのがおすすめ!

撮影する人も含めてテーブルのゲスト全員が1枚の写真に納まりますし、自撮り棒ならではの上からアングルの撮影でゲストにも楽しんでもらえます。

各テーブル分用意しても10個程度ですから、ゼクシィ10冊買っても5,000円と低予算で盛り上がるおすすめの演出アイデアです。

使った後は女性ゲストにプレゼントしたり、結婚式を挙げるほかの友人に貸してあげたりしても喜ばれますよね。

ただしセルフタイマー式です※シャッターはついてません

あくまで雑誌の付録ですので簡単なつくり。機能的にはほぼなにもついていません。
せめてシャッターボタンぐらいは欲しい
という場合は楽天やAmazonの市販品で用意するのもおすすめです。

自撮り棒の撮影マナーには気をつけて!

いや、セルカ棒邪魔やって #セルカ棒#結婚式

山下美穂さん(@yamamiho08)が投稿した写真 –


便利だし盛り上がる「自撮り棒」だけど使うタイミングや場所によっては、大切な結婚式のワンシーンが台無しなんてことにも。。。プランナーさんや司会者の方にお願いして事前に、使用する際の注意点やマナーをお願いしておいてもらうのがいいですね。

スポンサーリンク

ウエディングナビTOP最新記事を一覧でチェック!

PAGE
TOP