フラワーシャワー以外にもこんなアイデア!結婚式○○シャワー演出まとめ

フワラーシャワー

教会・チャペル式の結婚式で、新郎新婦がバージンロードを退場する際に「花びら」をシャワーのように振りかける定番の演出が「フラワーシャワー」そのほかにも、新郎新婦への祝福の気持ちを表すための「振りかけるもの」を工夫することでオリジナリティあふれる結婚式にアレンジできます。

スポンサーリンク

結婚式の王道「フラワーシャワー」

花の香りで新郎新婦のまわりをお清めして、嫉妬という悪魔から2人を守るという意味が込めらた欧米では定番の演出。生花を使う場合が多いですが「生」の場合、持ち込みNGという式場も多く、式場のオプションでお願いすると費用が結構高くつくということもあり、最近では「造花」を利用にするカップルも増えています。生花よりも形が崩れず、その後も記念としてとっておけるメリットも。また、式場によっては「生花自体がNG」というところもあるのでまずは相談を。

実りのある2人の未来に「ライスシャワー」

ライスシャワー

1粒蒔くと何百粒も収穫できる「豊作」と「子孫繁栄」を表すお米。新郎新婦の生活が実りあるものに、そして食べるものに困らないようにとの意味が込められた演出です。お米をまくゲストは楽しめるのですが、「花」に比べると大きさ的にも、色どり的にも「写真映え」がせず…ドレスや髪にお米が入りこんで取るのに時間がかかったりと式場側もあまりおすすめされません。。。。

童心に帰れる「バブルシャワー」

バブルシャワー
>きらきらと輝くしゃぼん玉で2人のウエディングロードを飾ります。ゲストも童心にかえってしゃぼん玉を飛ばして楽しめます。屋外での演出には向いていますが、室内で行うと床が濡れ、始末が大変なのと、レンタルしているドレスやタキシードのこともあり式場・ホテルによってはNGの場合が多々。

幸せのおすそわけ「パールシャワー」

パール(真珠)は純白の見た目と、美・健康・長寿・純潔・円満といった意味も持つ「花嫁の宝石」ともいわれる結婚式の定番アイテムです。そのパールをチュールレースなどで包んだパールシャワーを受けると花嫁は幸せになれると言われています。また2人を祝福したパールには「幸せの天使」が宿るとも言われ、ゲストの方に「幸せのおすそわけ」として持ち帰っていただくのも喜ばれます。
※シャワー中に拾っていただくのは見た目的によくないので、お見送りの時に渡すなど工夫を

工夫とアイデアで演出費用を節約「ペーパーシャワー」

ペーパーシャワー

花の代わりに花びらやハートに切り抜いた紙を使用する手作り演出アイテム。紙に控えめの香水を振っておくことで振りまいたときに生花と同じようなふわっとした香りに包まれます。生花をたくさん使うと予算が足りないという時に、混ぜて使うのも賢い節約のテクニックです。手間をかけるならば、折り紙でバラを折ったり、鶴を折って作る「千羽鶴シャワー」などアイデア次第でいろいろ応用がききます。
ただし、ただ切っただけの「紙キレ」だと回収に手間がかかるので式場・ホテルからNGが出る場合も。

手作りでいろんな大きさを準備「リボンシャワー」

リボンシャワー

ペーパーシャワーと同じく手作りできるので、演出費用を抑えられます。紙よりも手間がかかりますのでたくさんの数をつくるのに根気が必要。こちらのブログ(イロドリweddingさん)に、こうやってつくると簡単!などの情報を紹介されてますのでご参考に。リボンもペーパーと同様に「フラワー」と混ぜて使うと、いろどりも形もバリエーションが増えて華やかになります。ドレスのテーマが「リボン」だとより一層引き立ててくれます。

アナと雪の女王演出で人気の「スノーシャワー」

大ヒットディズニー映画は、結婚式で会場演出や、余興のネタにするゲストも多い人気の演出。よく使われるのが本物そっくりの雪が降る「パーティ用の人工雪スプレー」や、水を加えるだけで人工雪が作れる「インスタントスノー」
これをゲストのみなさんにお渡ししてバージンロードに雪を降らせるのも幻想的。スプレータイプは、本物の雪と違ってすぐに消えてしまうので後始末の心配もありません。ひと手間加えてスプレーにオリジナルのラッピングをしておけば見た目もお洒落できれいです。

まとめ

  • ゲストが楽しめる+華やかさの両立が大事。
  • 費用的に高くつく「生花」のフラワーシャワーはアイデアで節約を。
  • シャワー系演出は、式場・ホテルとよく相談して決めないとあとでNGということにも。
スポンサーリンク

ウエディングナビTOP最新記事を一覧でチェック!

PAGE
TOP