結婚式2次会は幹事で決まる!失敗しない依頼の仕方・選び方のコツ

結婚式・2次会の幹事を依頼する時のコツ

結婚式2次会の幹事を依頼する時に気をつけておきたい頼み方のマナーや、幹事の選び方・人数・お礼の相場など多忙な幹事の仕事快く引き受けてもらうためのコツをまとめ。

スポンサーリンク

2次会幹事を依頼する時のコツ

こんな方に依頼はNG!

結婚式2次会幹事の仕事は、当日の進行はもちろん会場との打ち合わせや、経費の管理、余興演出の手配などかなりのハードワーク。。。ですので、

  • 会社の役職者
  • 出張の多いサラリーマン
  • 小さな子どものいる主婦

といった、日々多忙なかたへのお願いは避けましょう。準備に時間がとれないばかりか、2次会当日に急用で幹事が欠席!?なんていう事態も。。。

2次会幹事の依頼NGな人

ベストは「お願い」がしやすい友人や同僚

2次会幹事はやはり気心の知れた友人・同僚がベスト。
とくに打ち合わせや連絡などがしやすい身近な方がおすすめ。

2次会幹事の依頼OKな人

同僚なら
いつも忘年会やゴルフコンペの幹事をしている方。しきり方や段取りに慣れてますし、仕事の合間に相談もしやすく、後輩へ協力の声かけもお願いできます。
友人なら
ゲストとの面識がある(知り合いが多い)幹事の方。と盛り上がりますし、友人からの協力者(受付・余興など)もお願いしやすい立場に。また新郎新婦共通の知り合いならお互いの事情もわかりスムーズです。

幹事の人数は?

一般的には新郎新婦それぞれの知人から1~2名づつの2名~4名が多いようです。
さきほど述べたように2次会の仕事は多岐にわたるので1人で捌くのはほぼムリです。メイン幹事ひとりの場合でもサポート役を2名は用意する(もしくは幹事と相談して選ぶ)のがマナーです。

幹事の人数

幹事をお願いする時のマナー

依頼するタイミング(時期)は?

幹事の仕事は、余興の仕込みや会場設備の確認・必要機材の準備などなにかと時間がかかる仕事ですので、2~3ヶ月前までにはお願いをしておくのが無難です。

依頼するタイミング・時期

お願いの仕方は?

結婚式2次会の幹事は、大変な仕事でありながらほぼ無償で時間を割いてもらわなければなりません。
お願いするときもメールやLINEで「幹事よろしく!」と気軽に済ませられては、幹事の仕事も気軽に済ませられます。
やはりお願いする時は直接会って「あなただからお願いしたい」「忙しいのに申し訳ない」という気持ちを伝えるのが気持ちよく受けてもらえるコツです。

面識がない場合は顔合わせの場を

新郎側新婦側それぞれに幹事をお願いする場合は、新郎新婦を交えた顔合わせの場を設けます。また幹事が複数名の場合はリーダー(メイン幹事)や受付・会計など役割を新郎新婦があらかじめ決めておいた方がスムーズに打ち合わせを進められます。

幹事同士の顔合わせ

丸投げはNG!

幹事を快く引き受けてくれたとしても2次会の準備をぜんぶおまかせしてしまうのよくありません。
通常、

  • 招待客のリストアップ
  • 招待状の発送
  • 会場選び

までは新郎新婦が行いますが、そこまで終わったらあとは幹事にまるっとおまかせ~
にしてしまうと幹事から「不満」がでることも。。。

幹事に声かけ

進捗状況のチェックや「なんか問題ない?」「忙しいのにごねんね」の声かけはするようにしましょう。新郎新婦に内緒のサプライズを仕込んでるときもありますから細かい確認はいりませんが。

幹事へのお礼・会費

幹事の会費は免除が基本

幹事(とくにメイン)は2次会当日はゆっくり食事をするヒマもありませんから、基本的に会費はいただきません。
ですので、幹事の人数が多い場合は費用についても幹事を差し引いて計算するのが大切です。

幹事の会費は免除

お礼の相場・渡すもの

大変な仕事を終えた幹事には、会費免除はもちろん相応のお礼をするのがマナー。ひとりあたり5,000円~10,000円を目安に商品券やギフトをお礼としてお渡しするのが一般的です。
幹事が多い場合や、幹事の仕事内容に差があった場合は贈り分けをしたり、新婚旅行のお土産追加・別途打ち上げの席を用意することも多いようです。

幹事へのお礼

お礼を渡すタイミング

「お礼」を渡すのはなるべく早いにこしたことはありません。
商品券やギフト券などは2次会が終わってすぐや打ち上げの席などがおすすめ。
オリジナルのギフトなどであれば2次会パーティーの締めに新郎新婦からのサプライズで

「今日こんな素敵な2次会を準備してくれた幹事にお礼を贈りたいと思います」

と、いままでの苦労をねぎらってもらえるのは頑張った幹事には嬉しいもの。
自分たちが仕込んだはずのパーティーでサプライズされるという演出も素敵です!

幹事へサプライズギフト

2次会幹事なし!?みつからない時は代行業者に

昔は幹事役を買って出る友人や同僚が多かったものの、最近ではお願いしても断られるケースも多々。幹事なしでの2次会は、準備は新郎新婦でできても当日の進行はさすがにできません。。。

どうしても幹事が見つからない!そんな時はプロ(2次会代行業者)にお願いするのが最終手段。会場の手配から招待状の作成・2次会余興やゲームの景品手配までおまかせできます。

ただし、業者選びは慎重に。あくまで最終手段

結婚式2次会を代行業者にお願いすればプロですから、テンポの良い司会進行と素敵な演出で完璧に盛り上げてくれる!はずですが、金額や業者によって派遣されるスタッフの質がバラバラなのが実情。

口コミサイトやYahoo!知恵袋などの投稿でもわかるように、1回の打ち合わせでもバッチリ成功した事例と、そうでない場合が同じ業者でも起こっています。

友人には迷惑をかけたくない。なるべく手間をかけずに準備したい。という気持ちもわかりますが、2次会代行業者にお願いするのは最終手段に。まずは幹事をお願いできる人を探しましょう。

スポンサーリンク

ウエディングナビTOP最新記事を一覧でチェック!

PAGE
TOP