親族への引き出物の相場は?金額や数と人気の品物まとめ

親族への引き出物

結婚式で親族への引き出物選びで悩むのが金額と数。
祖父母や伯父叔母などご年配の方への引き出物の相場は?夫婦や家族連れで出席される場合の引き出物の数は?両親や兄弟にも必要?など親族に贈る引き出物によくあるギモンをまとめ調べ。

スポンサーリンク

親族の引き出物はどこまで必要?

結婚式でゲストへの引き出物はもちろん必要ですが、家族(両親や兄弟)はゲストではないので「引き出物なし」というケースもよくあります。身内への具体的な引き出物やお祝返しの方法としては以下のようなカタチをとるのが一般的です。

両親へは引き出物ではなく記念品をプレゼント

両親への引き出物

結婚式を挙げる際は、両親からご祝儀や結婚費用の援助をいただくことも多いのでお返しとしての引き出物を贈るケースも稀にありますが、挙式・披露宴は新郎新婦両家の名前でゲストをご招待することが多く、その場合は両親もお招きする側の立場ですから「引き出物なし」というのが一般的です。

その代わりにお礼や感謝の気持ちを込めて、ふたりからの結婚式の記念品などをプレゼントするケースが多めです。

兄弟・姉妹への引き出物

未婚(独身で両親と同居中)の兄弟・姉妹からは「ご祝儀なし」というケースが多いので、その場合はもちろん引き出物は必要ありません。

もし、ご祝儀をいただいた場合はお返しをするのがマナーですが結婚式当日は引き出物なしで、後日お返しのプレゼントを贈る方法などもよくとられます。

ただし、兄弟姉妹でもすでに結婚している(両親と世帯が別の)場合は引き出物が必要です。

夫婦・家族で出席~引き出物の数は?

既婚の兄弟をご招待した場合、夫婦や家族連れなど複数人でのご出席となりますが、引き出物の数は基本的に家族単位(一家にひとつ)でお渡しします。

ご祝儀を別にされている場合は、それぞれに引き出物をお渡しすることもできますが、挙式当日までにそういった事情を把握することは難しいので、通常は招待状の数(出席の返答があった)にあわせて引き出物を用紙し、ご祝儀が別だったとわかった場合は後日内祝いのお返しを贈っても問題ありません。

両親や兄弟姉妹への引き出物はなしというのが一般的ですが、地域や慣習によっても変わるので家族内で取り決めをしておくのがスムーズです。

親族への引き出物の相場(金額)はいくら?

親族への引き出物の相場もその他のゲストと同じで『ご祝儀の金額』が基準となります。

親族への引き出物の相場

おおよその目安としては、

  • ご祝儀:3万円
     ⇒ 引き出物:5,000円~7,000円
  • ご祝儀:5万円
     ⇒ 引き出物:8,000円~10,000円
  • ご祝儀:10万円
     ⇒ 引き出物:20,000円~30,000円

と、ご祝儀に対して5分の1程度の金額が相場となります。
※引き出物は引き菓子と縁起物を含めた総額です。

おもな親族(間柄)での、ご祝儀と引き出物の相場を以下にまとめてみました。

祖父母への引き出物の相場

孫の結婚式にかなりのご祝儀を用意される方もおられますが、その場合でも祖父母からのお祝いはそのままいただくのが一般的ですので、引き出物の金額はあまり高額にはせず1万円~3万円までが相場となっています。

引き出物にくらべ、いただいたご祝儀があまりに高額であった場合には、後日お礼もかねて新婚旅行のお土産をお渡しに伺うなどの対応がベターです。

伯父伯母(叔父叔母)への引き出物の相場

伯父(叔父)や伯母(叔母)からのご祝儀は、5~7万円が相場ですが2人分の料理が必要になるので、引き出物は1万円前後で用意しておくのがおすすめです。

また、両親同士で子どものご祝儀を決めている場合もあるので確認しておきましょう。

ご年配の親族への引き出物の相場

親戚のなかでもご年配の方や立場のある方は、相応のご祝儀(10万円程度)を用意される場合もありますので、そういった方には少なくとも1万円以上の引き出物を用意しておくのがおすすめです。

祖父母の場合と同じく、ご祝儀がかなりの金額であった場合は後日、お土産などを持参してお礼を伝えるのがベターです。

兄弟・姉妹への引き出物の相場

兄弟同士での結婚式のご祝儀は、先述のように独身で同居中であれば必要ありません。ご祝儀をいただいた場合は、あとで金額に応じてお礼のプレゼントや内祝いでお返しをするのがおすすめです。

既婚の場合、たいてい夫婦・家族での列席となるのでご祝儀は人数分(平均7~10万円)が相場となります。金額は大きくなりますが人数分のお料理が必要ですので引き出物に使える内訳としては1万円程度が相場となります。

いとこへの引き出物の相場

いとこへの引き出物も兄弟の場合と同じく、未婚で伯父叔母と同居しご祝儀を一家まとめていただく際は引き出物は必要ありません。

既婚の場合やご祝儀を別でいただく場合は、いとこ同士でのご祝儀の相場は3万円という方が多いので、引き出物の相場は5,000円程度が目安になります。

5,000円には引き菓子や縁起物が含まれるためメインの引き出物は3,000円ほどの品物になります。

親族への引き出物の品数・組み合わせ内容は?

引き出物に引き菓子などを含めた3品セット

引き出物+縁起物+引菓子

引き出物の品数は、割り切れない数=奇数で揃えるのがマナーですので、親族の場合もメインの品物に引き菓子ともう1品を追加した引き出物3品セットが基本です。

ただし、地域によっては引き出物をたくさん渡すことがゲストへの感謝の気持ちとするところもあるので、5品~7品の引き出物セットになるケースもあります。

親族ご年配の方には縁起物の組み合わせ

ご年配の親族の方ですと、引き出物の内容や組み合わせにこだわる方もおられるので縁起のいい品物で揃えておくのがおすすめです。

結婚式の縁起物としては、鰹節・昆布・バームクーヘンなどが定番のギフトです。

家族(子ども)連れにはおもちゃギフト

親族(とくに兄弟)を家族連れで結婚式に招待した場合、甥っ子姪っ子用にキャラクターグッズのおもちゃやお菓子・プチギフトを用意しておくと喜ばれます。

ちなみに、親族への引き出物で人気の品物は・・・

親族への引き出物~人気ランキングTOP3

贈り分けしやすい『カタログギフト』

引き出物に不要な品物をもらっても困りもの…やはり人気があるのは好きなものを選べる「カタログギフト」
最近ではおしゃれなインテリア雑貨やお取り寄せグルメなど特定のジャンルに特化したカタログも多く、サプライズ感のある引き出物も演出できます。

親族への引き出物もみんな同じというわけにはいきませんので、見た目(ボリューム)が同じで金額に差をつけられるカタログギフトは贈り分けに最適です。

  • ティアラ ウェディング3,240円~
  • やさしいきもち。3,240円~
  • DEAN & DELUCA ギフトカタログ4,050円~

結婚式引き出物の新定番『タオル』

今治タオルなどの高級なハンドタオル・バスタオルは毎日の暮らしで使える高品質な贈り物として人気のギフト。

食器のように重たくないので、ご年配のゲストの方などへのお持ち帰りの負担も少ないのも引き出物として選ばれている理由のひとつ。

価格帯も1,000円~10,000円までたくさんの種類があるので、メインの引き出物だけでなくプラス1品の縁起物としても使えます。

  • 今治マリン柄 ウォッシュタオル1,080円
  • リネンウォーター 今治タオルセット5,400円
  • 極上バスタオル10,800円

高級ブランドの『食器』

結婚式でいまだ人気の引き出物といえば高級ブランドの食器。ティファニーのペアマグカップやウェッジウッドのペタルトレイ(大皿)、ノリタケやナルミのティーカップセットなどは定番のアイテム。

  • ティファニー ペアマグカップ7,480円
  • ウェッジウッド ペタルトレイ8,640円
  • ノリタケ レースウッド ティーセット10,800円

最近では『引き出物宅配サービス』も人気で、親族を含めゲスト全員の引き出物を自宅に郵送もでき、大きくて重い食器も荷物にならず気兼ねなく贈れます。

引出物宅配サービスいまどき結婚式!手ぶらで人気の引出物宅配サービスとは?

スポンサーリンク

ウエディングナビTOP最新記事を一覧でチェック!

PAGE
TOP